iPhoneを水没させてしまって電源が入らない・・・そんなときどうする?

iPhoneが水没・・・焦らずに対処しましょう。 - iPhoneが水没してしまったら・・・

iPhoneが水没してしまったら・・・

iPhoneは小さなPCです。携帯電話の感覚がありますが、実は、コンパクトの電話機能がついている、パソコンを持ち歩いているようなものです。ノートパソコンやデスクトップを持っている方なら、とても気にすることの一つに水に濡れないよう心がける事です。iPhoneも同じく、精密機械で水に弱い機器になります。

望みは捨てないで・・・

iPhone水没でとてもショックな思いをする事でしょう。しかし、まだ望みはあります。水没しても乾かすともとに戻る場合もあります。

慌てないで・・・

iPhone水没は慌てます。すぐに取り出し、水分を取りたいので、振りまくったり、叩いたりあらゆることを考え無意識にやっています。しかし、これがよくないのです。iPhoneの中に水分が入ってしまい、振る事で、まだ濡れていない部分に水が付き、回復不可能の最悪の事態になります。

冷静に・・・

iPhone水没は冷静に対処しましょう。とにかく、振らずに、みえている水分を拭き取り乾かします。乾かす時にドライヤーなどは絶対にやめましょう。急激に熱くなり、完全にダメになってしまいます。

とにかく乾燥。

湿気のないところで、自然乾燥しか道はありません。乾くまで、なにもしない事です。電源が落ちていればそのままにしておいて、もし電源が入って入れば、電源オフです。SIMカードも抜きましょう。

ほったらかし。

そのまま、1日、2日はなにもしないのが一番ベストです。iPhone本体の中の水分が、乾燥すること待つのです。

修理しましょう。

ytjytjd
もし、電源が入っていつも通りでも、ショップへ修理に出しましょう。そして、電源が入っているうちにバックアップです。メモするなり、あらゆるバックアップを早急に行いましょう。一時的に、たまたま電源が入っただけで、実は故障していることがほとんどです。iPhone水没は乾かしたら、ショップへ修理です。
大事なiPhoneは今や、仕事やプライベート、買い物や、いろんなことにかかせないアイテムになっています。iPhoneがないと、不安で生きていけないくらい深刻な悩みになるかもしれません。そんなiPhoneを水没させたら、どうしますか?ここではどうするべきかについて説明いたします。

iPhone水没するかもしれない・・・

事前に準備が一番いい方法です。iPhone水没になる前に、そうなるかもしれないという事も考えて、事前にバックアップやPCにデータの保存などで管理することです。

管理方法。

ytjytdrs
PCがあれば、そこに保存できます。そもそもがiPhoneはPCが母体になりいろんなことができます。この機能をフルに使う必要はありませんが、データの記録やバックアップに最適です。
または、以前使っていた、iPhoneをWi-Fiでつなげ、データを共有することです。PCがない方はこの方法がベストです。Wi-Fi環境が必要ですが、使い分けができたり、iPhone水没も怖くはありません。

iPhone水没しても慌てるな!

データをしっかり管理、保存(バックアップ)していれば、慌てる事も焦ることもありません。これが大事です。慌てて、iPhoneを乾かそうと必死になり、絶対にやっては行けない事をやってしまう原因になってしまいます。

絶対にやってはいけないこと。

iPhone水没したあと、やはり、水分をとりたいことから、iPhone本体を振って、水分を取ろうと行動します。これは、絶対にやってはいけない事です。中に入った水分が、濡れてない部分にかかることになってしまい修復不可能な状態になることが多くあります。もうひとつは、ドライヤーです。ドライヤーで乾かすことがいいと噂でありますが、まったくの嘘です。急激に熱をもってしまい完全に壊れてしまいます。
とにかく、ショップへ急ぎましょう。そして、事前にバックアップです。

iphone水没の修理について

更新情報